ダンボールでの子供の事故防止

子供が成長するに従って、何かと怪我が心配な時期があります。
その一つに、大切なお子様の指をドアで挟んでしまう事故があります。
この事故を防ぐには、親御さんの努力だけで、大丈夫でしょうか。
ドアの指を挟む箇所に、ダンボールなどでカバーをつける事も一つの事故防止策です。
しかし、お子様の成長段階に合わせて、ダンボールでの補強はこまめに点検されると宜しいかもしれません。
なぜなら、子供はダンボールを押して遊んだり、破いてみたりと大人が考えない事も出来てしまいます。
ですから、事故の防止、抑制を目安に家の中を点検していきましょう。
ドアの挟み込みを考えた時に、大抵の場合は、ドアの隙間に指を入れて、閉まった拍子に指を挟んでしまうなど、
子供の力よりも、強い力が加わった時に起こります。
ダンボールの曲がりやすい方を縦長に、お子様が届くであろうという高さを切り、両面テープで付ける作業で、
少し安心です。
この時に、壁側と、ドアと両方を固定すると開かなくなりますから、ご注意下さい。
お子様が、指を入れない、適切な大きさで作ってあげてください。
ところで、まだハイハイ中のお子さんが、ベランダに行ってしまうことを、防止するのにもダンボールが活躍します。
ダンボールで、バリケードを作るのです。
ダンボールという身近な素材で、いろいろな防御策が出来ます。

コメントは受け付けていません。