生ゴミを捨てるためのダンボール

毎日の食事を作る中で、生ごみは必ず出てきます。生ごみはしっかりと水を切って、ビニール袋などに入れて縛った状態で一般ゴミとして処分します。しかし、生ゴミを一般ゴミと一緒にすると、匂いがとてもきついために、ゴミ箱がとても生臭くなります。そのため、生ゴミのゴミ箱を分けることによって、一般ゴミのゴミ箱の匂いを防ぐことができます。生ゴミ専用なので、それほど大きなゴミ箱は必要ありません。そして、購入しなくてもダンボールを使えば簡単に作ることができます。ダンボールを利用する利点は、生ゴミの匂いが染み付いてきても、捨てることができる点にあります。新しく市販されているゴミ箱を購入すると、費用をかけているだけに捨てることができません。しかし、元々ダンボールで作ってしまえば、特に大きな損もしませんし、代わりのゴミ箱をまたダンボールで作ることができるので、永遠と清潔なゴミ箱をキープすることができます。作り方はとても簡単で、ダンボールをほどよい大きさに切って、形を整えます。そして、ゴミ箱の形に組み立ててその上からゴミ袋を被せれば完成です。もし、袋が破れてしまった場合のことを考えて、ダンボールの底に新聞紙などを引いておけば、床まで水がたれることがないので安心です。工夫すれば、色々と便利なゴミ箱を作ることができます。

コメントは受け付けていません。