ダンボールで家具作り

ダンボールは色々な家具を作るのに最適な素材です。簡単に好きな形にすることができますし、パーツを作って組み立てることも簡単です。ダンボールによってはとても耐久性が高いものもあります。人が座る椅子を作ったり、人が寝るためのベッドを作るのは難しいですが、それほど重たいものを乗せないのであれば、大抵の家具は作ることができます。例えば、少し凝った家具で言うと、衣類を収納するタンスでも作ることができます。タンスにはいろいろな種類があり、形や色なども様々です。せっかくタンスを作るのですから、自分が利用しやすいように工夫をするのが良いです。どのようにして作るのかと言うと、まず土台を作ります。そして、引き出しを作りそれを上手くはめ込むための溝を土台に作ってしまえば、簡単にタンスも作ることができます。一言にダンボールと言っても、色々な種類があります。タンスなど少し凝った家具を作りたい場合は、耐久性の高いダンボールを利用する方が良いです。野菜を入れてるダンボールなど、普段良く見かけるダンボールを使うと、古くてよれよれになることがあるため、タンスなどを作る場合には合わないことが多くあります。自分がどのような家具を作りたいのかを考えて、それに合わせて素材のダンボールを選ぶのがポイントです。

コメントは受け付けていません。